あやしい顕微鏡日記

どうも・・、こちらは主に顕微鏡のことを書いた雑記帳みたいなもんです。(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胞子画像の合成

家の裏のシラカシの植え込みからアシボソトマヤタケらしききのこが出ていた。
ここにはムラサキヤマドリタケやヤマドリタケモドキなど優秀な食菌の胞子が蒔いてあるのに、なんでこんなきのこばかり出てくるのだろう。顕微鏡で覗くにはこっちの方が面白いからまあいいか・・。
DSC_3312.jpg

アシボソトマヤタケの胞子は長い刺が金平糖状に生えていてなかなか美しい。
この胞子画像はピントをずらして撮影した3枚の画像が合成してある。合成の方法は、手前側にピントを合わせた2枚の画像の不透明度を50%くらいに下げて重ねてみただけだが、けっこう立体的に見えて面白い。
EDSCN6868.jpg

これは、今日、鈴鹿市のきのこ調査で採集してきたオオヤシャイグチらしききのこだ。普通に見られるヤシャイグチに比べ傘や柄の網目模様がオリーブ色を帯びるのが大きな特徴らしい。
IDSCN0500.jpg

オオヤシャイグチの胞子も2枚の画像を合成してみた。
こちらの方法は、5月6日の「簡単な画像合成方法」に記載したのと同じように、ピントのあった部分を切り抜いて貼り付ける方式でやってみたが、どうもつながり部分がうまくいかなかったみたいだ。もう1枚中間の画像があると良かったのかも知れない。
胞子はオオヤシャイグチのものに間違いないようだ。
EDSCN6841.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/07/08(土) 21:59:25|
  2. 顕微鏡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

gajin

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。