あやしい顕微鏡日記

どうも・・、こちらは主に顕微鏡のことを書いた雑記帳みたいなもんです。(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実体顕微鏡

実体顕微鏡に関する質問を頂いたので、自分の使っている実体顕微鏡について書いてみた。

メインで使っているNikonのSMZは、ネットオークションで何台か手に入れた同型の実体鏡から良さそうな部品を寄せ集めて改良してきたものだ。元になる鏡基は35,000円くらいだったか・・。アイピース(×10)だけは新品に替えてある。
SMZは古くから定評のある実体鏡だけあって、さすがにその見え味は抜群である。これを覗いた殆どの人が「私もすぐに欲しい!」と言う。
蛍光灯リング照明は、インバーター方式ではない普及型のものである。蛍光灯の色調がかなり赤色に偏っているのと、スペクトルの関係からか写真を撮った場合の色再現が良くないのが気になっている。
SMZ_2408.jpg

これはやはりSMZだが、ちょっと程度の落ちるサブ機(?)。
イベント展示などで子供達に顕微鏡を見せると、必ず接眼レンズをべたべたと触ってしまうため、それ用に仕舞ってあるのだ。
スタンドが標準品でなかったりするが、光学系はきれいなので見え味はメイン機となんら変わりない。
SMZ_2_2400.jpg

最後は押し入れの奥に仕舞ってあるSMZ1である。
SMZ1はSMZの普及機であるが、SMZを見慣れた眼には見え味がかなり劣るようだ。視野が暗く、ズーミングと同時にピントがずれてしまうという欠点がある。なので、やはりまた押し入れの奥に戻しておいた。
SMZ1_2406.jpg

[実体顕微鏡]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/01/14(土) 13:44:10|
  2. 顕微鏡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗視野照明をやってみた

暗視野コンデンサ(オリンパス DC-W)を手に入れたので、LED照明を使った暗視野照明をやってみた。
暗視野コンデンサを使うと暗視野照明がわりと簡単にできる。(あたりまえですが・・。)
でも、正しい使い方は?と問われるとこれが全く良く分からない。とりあえず、肉眼でよく見えるように調整して写真を撮ってみたが、なんだかあまりパッとしない出来映えとなってしまった。
×100の対物レンズでは、絞りを少し絞らないと暗視野にならないようであった。×1000の暗視野観察をするためには、ここで使用したDApo100のような内蔵絞り付きの対物レンズが必要になるようだ。
なお、この暗視野コンデンサはコンデンサとスライドグラスの間を常に油浸して使用しなければならない。

×200 SPlanApo 20
DSCN0132.jpg

×1000 DApo 100
DSCN0125.jpg

[暗視野照明をやってみた]の続きを読む
  1. 2006/01/07(土) 17:42:45|
  2. 顕微鏡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

gajin

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。