あやしい顕微鏡日記

どうも・・、こちらは主に顕微鏡のことを書いた雑記帳みたいなもんです。(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振動の問題

中途半端に放ったらかしていた一眼デジカメによる顕微鏡撮影を正月あたりから再開していた。

一眼デジカメによる画像がコンパクトデジカメのものより劣るのは、撮影用リレーレンズの性能やらセッティング方法に問題があるためと考えていたのだが、どうもそうではなく、撮影時のミラーやシャッターの振動によるブレの影響が大きいのではないかと思えてきた。
なぜかというと、大型のモニターにライブビュー画像を写し出してやっと気付いたのだが、このライブビュー画像自体は肉眼で見えている画像に対して決して劣っていないということが確認できるからだ。そして、そのままシャッターを切って記録した画像に切り替えると途端にぼやけた画像に切り替わるのが確認できるのである。振動によるブレの影響としか考えられない。

いろいろカメラをいじっていたら、E330に低振動モードというのがあるのが分かった。これはシャッターを切る際、ミラーがアップしてから何秒か時間を置いてからシャッターが切れるよう設定ができるもので、ミラーアップによる振動の影響を回避できる機能である。そのタイムラグを2秒に設定したら、今まで設定していたセルフタイマーも不要となった。(ちなみにこの機能はD300には無い・・)
そしてやはり、この低振動モードを使うことにより撮影後の画像がぐっと良くなるのが確認できたのだ。
しかし、これでミラーアップによる振動は回避できたのだが、シャッター膜(正確にはシャッター羽根か)が走ることによる振動までは無くすことが出来ない。シャッター羽根による振動はミラーに比べると少ないものだが、それでも1000倍の倍率ともなるとシャッターを切る瞬間にかなりのブレが入るのが接眼レンズを覗いていると確認できるのだ。

今まで使ってきたパソコンVAIOにはビデオキャプチャーボードが付いていて、デジカメからのビデオ出力をモニターに表示したり、その画像を取り込んだりすることができることに気が付いた。
R0011601090102.jpg

これはE330の低振動モードで撮影したウネミケシボウズタケの胞子(1000倍)の画像。
以前に比べるとかなり良くなったが、肉眼で見えている画像に比べるとやっぱりかなり眠たい感じだ。
E330_90104.jpg

同じもののモニター画像をパソコン側で取り込んだものがこれだ。
振動によるブレの影響が無いためか非常に鮮明な画像で、肉眼で見えているものに近い。
(なぜだか分からないが、画像は横方向に少し縮小されてしまっているようだ)
capture_091004.jpg

確認のためコンパクトデジカメ(E995)のコリメート法による画像も撮影してみた。
これと比較すると一眼デジカメによる画像が決して劣っているということではないことが分かる。
やはり、リレーレンズの性能うんぬんはそんなに問題ではなかったのだ。
E995_091004.jpg

残った問題はシャッターによる振動をいかに無くすかということだ。
ブレの影響を少なくするためには、照明を明るくしてシャッター速度を1/1000秒くらいに上げるとか、或いは反対にNDフィルターなどで照明を極端に暗くして10秒くらいの露光をするといったことが考えられるが、どちらもあまり現実的では無いだろう。三脚を使ったカメラの固定もやってみたが、1000倍の世界に対して三脚は殆ど無力だった。

そもそもこのような顕微鏡撮影に対してシャッターを切るという行為が本当に必要なのだろうかと思えてくる。電子シャッターだけで十分なのではないのか?
ミラーアップ→シャッター開放→電子シャッター=「無振動モード」というようなものがあると良いなあと思う。
或いは、ハイビジョンサイズの出力(HDMI出力)ができるデジカメのモニター出力を取り込んでしまうというのも一つの方法ではあるなと思っている。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 23:02:22|
  2. 顕微鏡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<手強い珪藻プレパラート | ホーム | 実体顕微鏡の比較>>

コメント

ライブビューならでは

お久しぶりです。
ライブビューならではの実験ですね。
私のカメラはライブビューがないので、この実験の検証ができなくて残念です。

「シャッター羽根による振動」は実際どの程度影響があるのでしょうか。私の場合油浸100倍だと輪帯照明でやることが多いのですが、露出時間は1秒程度と記憶しています。「シャッター羽根による振動」が0.1秒程度とすれば露光時間の9割は静止していると考えていいのではないでしょうか。それほど不満のないクオリティで撮影できていると思っていますが、実験できないのでちょっともどかしさがあります。

リレーレンズと撮像面の距離のセッティングはやはり像質に影響があるとMWSさんからコメントをいただいています。やはり観察側と同焦点になる距離にするのがベストだということです。物理的にはよく理解できていませんが、、

ここのところ、暗視野でのキノコ観察の有用性を検討しています。菌糸のつながり具合を確認するのに有用ではないかと思っています。



  1. 2009/01/29(木) 22:03:57 |
  2. URL |
  3. 種山 #tXJ9O7wA
  4. [ 編集]

種山さま
駄文をご覧いただきありがとうございます。

> 「シャッター羽根による振動」が0.1秒程度とすれば露光時間の9割は静止していると考えていいのではないでしょうか。

長時間露光でブレの影響を減らすという理屈は正にそのとおりです。
上の写真のシャッタースピードは1/50秒くらいですから、振動の時間はもっと短いのだと思います。確かシャッター羽根が走る時間は、昔の35mm判でも1/100秒くらいだったと記憶しています。それがシャッターが開くときと閉じるときの2回発生するわけですから、1秒の露光ですと振動の影響は2%程度と考えられなくもないですね(実際にはもっと複雑だと思いますが・・)。 あ、1/50秒だともろに影響受けてしまいますね。
ただ、露光時間もあまり長くし過ぎると試料自体の動きによるブレやノイズの発生が問題になるように思います。

> やはり観察側と同焦点になる距離にするのがベストだということです。

私の場合、観察側とカメラ側のピントが同じになるように、とりあえずアダプターの位置を調整しています。
種山さんは、肉眼で覗いてピントが同じになるよう調整されているということでしたね。私のも今度確認してみますね。

> 暗視野でのキノコ観察の有用性を検討しています。

「シスチジアの観察」すばらしい画像ですね!
その他にもいろいろ面白い観察方法など興味深く拝見させていただいてます。
私も、既成概念にとらわれず、いろいろやってみてみたいと思います。
  1. 2009/01/31(土) 00:11:24 |
  2. URL |
  3. gajin #ZQAlEUxk
  4. [ 編集]

検証しました

gajinさんの発見のおかげで、ひとつすっきりしました。
いままで40倍レンズでの撮影に不満があったのですが解決しました。やはりシャッタースピードがミソです。

40倍レンズでは明るい分露出時間が明視野で1/20、輪帯照明で1/8だったのですが、100倍のときと同じく1秒の露出時間になるよう光源の明るさを調整しましたら、目から鱗が落ちるような画像を得ることができました。

実験と考察の詳細をTIPSとしてサイトにアップしようと思います。


  1. 2009/01/31(土) 17:16:10 |
  2. URL |
  3. 種山 #tXJ9O7wA
  4. [ 編集]

種山さま

検証結果拝見しました。すばらしいですね!
おー、この1/60秒くらいの時の画像のぼやけ方!まさにこれです!!今までこんなボケボケ画像ばかり撮れてしまってたんですよね・・。

私は感覚的に随分い~かげんなこと書いてるだけなんですが、種山さんに緻密な検証をしていただけてとても良かったです。
正直、シャッターの振動によるブレの影響がこんなに大きいとは思っていませんでした。最初に一眼デジカメによる撮影を始めた頃にも、このシャッターを切る瞬間のブレのことは気になっていたのですが、画像を記録するセンサー自体も顕微鏡と一体的に振動しているわけですから、相殺してそれほど影響は無いのかなと考えたりしていました。でもそれは全く間違いであったことが良く分かりました。

これで、一眼デジカメによる顕微鏡撮影にもかなり光明が開けてきたと思います。先ずは1秒露光から試してみますね。
あと、ホームセンターで顕微鏡用に買ってきた超粘着振動吸収素材の「耐震マット」なるものがあります。恐らくこれも顕微鏡レベルの震動に対しては無力だと思いますけどね・・。地震時の顕微鏡転倒防止くらいにはなるかもわかりません・・。(^^;
  1. 2009/02/02(月) 22:35:55 |
  2. URL |
  3. gajin #-
  4. [ 編集]

>シャッターを切る瞬間のブレのことは気になっていたのですが、

私も同じくだったのですが、油浸100倍輪帯照明できれいに撮影できたことが逆に仇となり、レンズの性能が100倍の物が数段いいからなのだと思いこんでいました。

スポンジを使った吸震も検証しましたのでまた追記しようと思っています。

試行錯誤をオープンにすることはやはり素晴らしいことだと感じました。ありがとうございました。
  1. 2009/02/03(火) 13:00:42 |
  2. URL |
  3. 種山 #tXJ9O7wA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gajin.blog16.fc2.com/tb.php/36-064bf0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

gajin

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。